スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

ホワイトディ

2015年02月24日

〇由来

バレンタインディが終われば、次はホワイトディだ。もちろん、日本で始まった習慣で欧米にはない。でも、東アジアの一部(中国・台湾・韓国)では定着しつつあるらしい。バレンタインディが2月14日と知っていても、ホワイトディがいつかは知らない人はいるのではないだろうか?

3月14日である。兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を救うためヴァレンティアヌス司祭は殉教した。その1ヶ月後の3月14日、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来するとなっている。


〇始まり

昭和40年代頃に製菓業界が個々に独自の「お返しの日」を作って、マシュマロやホワイトチョコレートを売り出した。“白(ホワイト)には「幸福を呼ぶ」「縁起が良い」という意味がある”と言う説からだ。

そんな中、福岡の老舗菓子屋が、昭和53年に「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」とマシュマロを売り出したところ、その後クッキーやキャンディを発売する菓子屋が続出したのが始まりのようだ。


〇なせる業

バレンタインディやホワイトディは、製菓業界のなせる業に他ならない。日本人はそれに乗っかる性質を持っているのだろうと思われる。恵方巻きも海苔業界のなせる業なのをご存知だろうか? そして、数年前に大手コンビニエンスストアーが全国一斉に売り出したことによって広まった。ここ数年、福岡でも定着しつつある。私が幼い頃は、そんな習慣は福岡にはなかった。鬼のお面をかぶり豆を撒くだけだった。しかし、関西の方では恵方巻きを食べる習慣は以前からあった。


〇私のホワイトディ

職場の中で、女性職員皆で男性職員に贈った場合は、たいていホワイトディにお返しが来る。
でも、そう言えば個人的に贈った物で、一度もお返しをもらったことはない。
最大の義理チョコをあげている夫ですらない。


夫は、あげたら「ありがとう」と言ってくれ、「ゴディバだ」と言って美味しそうに食べてくれた。それだけでうれしかった。「まあ、ホワイトディはいいか」と言う気になったから、不思議なものだ。
  


Posted by sansanhiroba at 12:11Comments(0)日記メンバーコラム

ピンチを楽しむ

2015年02月24日

〇キーウエストへ

20年ほど前の夏に、友達と2人でアメリカのフロリダのオーランド(Orlando)に行った時の事である。ディズニーワールドとユニバーサルスタジオがあり、有名な観光地・保養地だ。友人が「ヘミングウェイの生家」を見たいと言うので、アメリカ最南端のキーウエストと言う町に向かった。キューバ・ハバナまで171キロ地点である。

これがアメリカ最南端を示す標識 →



フロリダから陸路で行くことができ、国道US-1号線が通っており、多くの橋が島々を結ぶ。途中一番長いことで有名なセブンマイルブリッジがある。長さは6.765マイル(10887m)である。

ノスタルジアフライトと言うことで、オーランドからマイアミ経由キーウエスト行きの飛行機に乗った。ひと昔を再現して、機内食はチーズとシャンパンで、CAのお姉さんがその場でチーズを切り、ガラスの容器で提供されるというものだった。服装もひと昔前のCAの服装だった。私は英語をしゃべりたくて、ひたすらCAのお姉さんに話しかけていた。

キーウエストでは現地ガイドさんがセブンマイルブッリジとヘミングウェイの生家を案内してくれた。セブンマイルブリッジは、海を背景にとても美しかった。ヘミングウェイの生家は、猫がたくさんいてちょっと物寂しかった。その後は自由行動だったので、キーウエストの町をぶらつき、名物のロブスターを食べた。19(ナインティーン)ドルだったのだが、90(ナインティ)ドルに聞こえて「高い!」と思い、ウエーターさんに紙に書いてもらってやっと分かった。本当に数字は聞き取りにくい。英会話教室に行っているが、数字は不得意だ。途中に会話が入ると前に聞いた数字を忘れてしまう。

      

夕日がきれいな場所が在り、沢山の人が大道芸を見ており、観光客であふれていた。そこで、20時に現地ガイドさんと落ち合う事になっていた。

〇奇遇な事

この旅には、奇遇なでき事があった。オーランドで、ホテルから空港まで案内してくれたガイドさんが日本人で、なんと福岡県春日市(私の住んでいる市)の出身で、よくよく聞くと、私のマンションの2軒隣りが実家だということだ。

「こんなことがあるんだ」と感動し、日本に帰ってきてからその実家を訪ねて行った。そのガイドさんは「数年前に日本のその実家に帰って来たことがある」ということだった。実家の人とお互いにびっくりし合った。




〇ピンチ発生

キーウエストからマイアミに向かう飛行中、私は寝ていたので分からなかったが、友達によると翼の上を電流が走っていたそうだ。マイアミに着くとキーウエストから乗っていたアメリカの人は降り、後はオーランドに向かう日本人10人ほどばかりになった。行きも帰りもCAは同じお姉さんだった。

そしたら、CAのお姉さんが私を呼んで、「今から言う事を皆に伝えて」と状況を英語で話し出した。「飛行機は故障して飛べないから別の便を探している。ここで待っていてほしい」と言う内容だった。お姉さんは、ずっと英語で話しかけていた私が一番英語は出来ると踏んだらしい。すでに夜の10時くらいになっていて、中には次の日早朝の便で日本に帰らなければいけない人達もいた。騒然とはならなかったが、個人々旅行会社に電話で連絡を取っていた。私たちの旅行会社は、「どうしようもない」と言う回答だった。確かに・・・。


しかし待てども別の飛行機は来ず、12時頃に「バスで、ハイウェイを4~5時間かけて帰ることになった」と言われた。その時も通訳をした。皆落胆していたが、私たちはハイウェイを走れるとうれしくなっていた。そして私はコンタクトを外して眼鏡にし、ワクワクしていた。

その時、お姉さんはバスの運転手さんに「英語が分かるのは彼女だから、何かあったら彼女に言って」と私の事を言っていた。バスの中は冷房が効きすぎていて異常に寒く、それを訴えるとそのお姉さんが毛布を用意してくれた。彼女は別れ際に「ごめんなさいね。」と言って涙を流してくれたほどいい人だった。

〇ピンチを楽しむ

他の日本人の人達はぐっすりと寝込んでいたが、私と友達は眠ってはいなかった。ハイウエイのドライブを楽しんでいた。途中、運転手さんが休憩のためにSA(サービスエリア)に停まった。アメリカのSAが見られると、ワクワクして運転手さんと一緒にバスから降りた。迷子にならないように、ちゃんと運転手さんの後ろを付いて行った。今にして思うと今の日本のSA(サービスエリア)とさほど変わらなかった思う。多分、運転手さんに言ってトイレにも行ったと思う。後で書いているが、訛りが強い運転手さんにもこれくらいは通じたのだと思う。とにかく、貴重な体験が出来たわけだ。

オーランド(Orland) に着いたのは、明け方の5時頃。「あなたたちのホテルだから降りろ」と言われたが、それは違うホテルだった。「違う」と説明するが、バスの運転手さんは訛りが強くて通じない。そこで私はひらめいた。運転手さんを連れてそのホテルのフロントに行った。フロントの人に「ここは私たちの泊まっているホテルではない」と言って「通訳をしてくれ」と頼んだ。すると、フロントの人が運転手さんに言ってくれたら通じたのだ。

我ながら、素晴らしい発想だったと思う。ネイティブなフロントの人だったら、訛りが分かるのだ。おかげで無事、ホテルに到着することが出来た。同じツアー会社で来ていて、朝の7時にピックアップされて日本に帰る人達も間に合ってホッとしていた。

ちょっと寝て、次の日は計画通りに行動した。こんな風に「ピンチを楽しむことが出来た」私たちは凄い!と思った。
  


Posted by sansanhiroba at 11:31Comments(0)日記メンバーコラム

【さんさん広場公式Twitter】

2015年02月23日

こんにちは。さんさん広場メンバーのMです。
本日は、貸し会議室のご利用、隣の部屋から時々楽しそうな声が聞こえて来ます。
どんなお話で盛り上がっているのでしょう。
楽しくご利用して頂き、私達も嬉しいです♪

さて、スタッフ・メンバーでさえ、その存在が謎めいている…ってUMAじゃないんですが~、【さんさん広場公式Twitter】というものがあります。
よろしければ、フォローお願いします。
セミナー情報とかリツイートして頂けると助かります。
https://twitter.com/sunsunhiroba
https://ja-jp.facebook.com/sansanhiroba  


男の中の男になれ!博多男子パワーヨーガ 2015年3月23日19:30~21:00

2015年02月23日

日頃仕事でストレスを抱えていると感じている方
またお腹まわりが気になっている男性の方に朗報です!

男子限定のヨガ教室を開講します!!
アクティブなヨーガなので全身を使った感を体感しやすく
リラックス系のヨーガよりも有酸素効果が高くシェイプアップにも効果が期待できます!
新年から自分の生活をもっと良くしていくために始めてみませんか?

それでは詳細です!

◇日時
 2015年3月23日(月)19時30分~21時
(19時から受付)

◇参加費
 2000円
 初回のみ1000円
※5回チケットの場合9000円

◇場所
さんさん広場祇園教室
福岡市博多区祇園町1番23号アルテハイム祇園205号
TEL/FAX 092-261-3232
福岡市営地下鉄 祇園町下車3番出口より徒歩1分
西鉄バス 祇園町バス停下車
 
◇持ってくるもの
動きやすい服装
ヨガマット※レンタルマット有(100円)  
5本指ソックス※必要な方のみ
飲み物

◇内容
呼吸法
準備運動
太陽礼拝
くつろぎのポーズ

◇講師
SARAH(いぬ・ヨガねーさん)
ナチュラルムーブメント福岡代表

エアロビック競技選手として得た経験と知識と技術を基に一般愛好者や健康志向者の為にエアロビックをはじめ、トレーニング・アクアエアロビック・ヨーガ・NOSSなどの運動プログラムとアマチュア競技選手のトレーナーやコーチとして活動している。
特に体幹を意識し正しい姿勢を取り戻すことにより運動効果(健康維持増進・シェイプアップやボディーメイキングなど)や競技力の向上又日常生活の質を向上させるボディーコンディショニングを得意とする。
現在福岡市と近郊の市町村を中心にスポーツ施設や個人宅など身軽に活動中。

【 参加に際する注意 】
※肩や腰、ひざなどを現在痛めている方は講師に相談ください
※食事は1~2時間前までにお済ませください
  


Posted by sansanhiroba at 10:21Comments(0)セミナー関係

AAA(All Active Age) 第四弾 『やっぱり運気が上がるお話とランチ交流会』

2015年02月19日

AAA(All Active Age)による企画第四弾!!
『やっぱり運気が上がるお話とランチ交流会』
~えっ!これでホントに運気があがるの? ~
講師は西南学院大学で行列ができる大人気講師・松村浩蔵先生
◇日時:2015年2月20日(金):13:30~15:30
◇会費:2500円(税込) スペシャルランチ込み
◇会場:釜飯ビクトリア 2階 福岡市中央区 2丁目7−144
◇問い合わせ:さんさん広場 092-261-3232(和田)
◇申し込み方法Facebookで参加ボタンを押してください。
お問合せは、AAAのFacebookからメッセージを。
みんなで運気を上げて、楽しく元気に健康になりましょう♪
大人気の お勧めです。 
ランチ込みで セミナー参加もできてお勧めです。

https://www.facebook.com/events/749226451834015/


  


Posted by sansanhiroba at 13:06Comments(0)セミナー関係

メンバー美波の”連載”「春の新作、スカート♪」2014年1月13日(水)

2015年02月19日

こんにちは(*^^*)さんさん広場のメンバー、美波です。
今日は、東京に住んでいたことのある私が、東京と福岡のファッションの対比と、福岡で見つけた春の新作のスカートについて、書いてみました!!

〇バーゲンに行ったつもりが・・・

バーゲンに行ったつもりが、春の新作が欲しくなり、ソワソワしてしまうことはありませんか?
特に、福岡は、東京に比べて、季節ものの入荷が3ヶ月、早いと聞いたことがあります。本当かな?とは、思いますが・・・。

〇福岡は独自のオシャレ♪

お店側だけでなく、天神を歩く街の人々も、季節の先取りが早く、秋の気配を感じれば、いち早くブーツを履き、春の訪れを感じれば、寒さもなんのその、春めいた装いをしているような気がします。
東京に住んでいた頃に感じたのですが、東京の人は皆、紺、黒、グレー、茶、を主に着ている方が、多かったように思います。
福岡では、気候の温暖さが、人々の心に、色とりどりの服装を、選ばせているのかな?とも思います。

〇春物をゲット♪

ワンシーズンに、一枚だけと決めて、お買い物を楽しみたい、私です。
とっても素敵な春の新作のスカートを、見つけました。
白地に、主にグリーンの柄が散らしてあるフェミニンなスカートで、立体的な花柄の織模様が入っているのです。
福岡では、春物は、だいたいバーゲンの時期に、新作が入ってきます。
いざ、春物を着るからと4月に、買い物に行っても、あるのは、売れ残りと、夏物なのです。

さあ、春の新作のスカートを、買いにいかなくっちゃ!



(筆:メンバー美波)  


Posted by sansanhiroba at 09:50Comments(0)日記メンバーコラム

208.大阪の地下鉄文化

2015年02月17日

大阪ほど地域に密着した地下鉄はないと思っている。大阪からの帰りに福岡で地下鉄に乗ってみて余計にそう感じたのである。とにかくたくさんの線が走っているのが特徴的であるが、何よりも降りたホームの反対側でもう次の別の線の列車が走っているというのがすごい。そして住之江で地上に上がった時に感じたことなのだが、バスが少ないこと。結局各所に移動するのにバスは混雑の要因になってしまう。何事も急いでという大阪人の気質というのもあってかとても使いやすい感じで駅も配置されており乗り心地も悪くない。

福岡の場合1本逃すと結構待たされるのだが、大阪はもはや常時運行しているのではというぐらい引っ切り無しに列車が来る。梅田から難波まではやはりそうとう乗客も多い。ただし難波から住之江なんかは一気に住宅地に行ってしまうためか時間帯によっては乗り降りがかなり少ないときもある。

こちらの七隈線なんかは大阪の地下鉄では信じられないぐらい遅い。そして駅がありすぎて帰りづらい。難波から住之江公園まではだいたい13分というところであるが、筆者の最寄り駅はというと始発から19分かかる。さすがに携帯電話を持ってからはメールに没頭したり、撮った画像に見入ったりして時間が過ぎるのが少し短く感じるようにはなったのだが、体感的に遅いという感覚が抜けないため帰りなんかは疲れがどっと出る。帰宅拒否症になったりしていた時期には完全に気が狂いそうだった。

大阪市内の主要地域で行けない所はない。梅田・難波・鶴橋・京橋・心斎橋・大阪城・上本町・天王寺・大阪ドーム(京セラドーム)・住之江・・・。福岡だと主要地域に行けない所もまだある。逆に全く利用価値のない場所に駅があったりもする。

大阪だと地上に上がっても新大阪や千里中央、USJがありまたコスモスクエアから無人交通システム「ニュートラム」に行けばフェリーターミナルにも行ける。ちなみに住之江競艇場の第一ターンマーク方向にニュートラムが走るのが見える。

福岡の地下鉄で大阪に買っている面があるとしたらまずは施設のキレイさ。七隈線だとやはり比較的新しい線なのでキレイである。そしてバリアフリー化が進んでいない。梅田や住之江公園では全くバリアフリー化がされておらず難波でようやくある程度出来ているという感じであった。これからはバリアフリー化を進めて行かないと益としての役割が擦り減ってくるであろう。住之江公園駅には売店すらない。競艇場はあるものの近所は完全な住宅街で、競艇場の前を平気で子供が学校帰りで歩いていたりしている。ちょっと驚きであった。

大阪の地下鉄は早く目的地に近くというコンセプトがしっかりしているのでここを土台に駅の建て替えによる美化に取り組んだりしたらもっと乗客は増えそうな気がする。福岡は大阪の地下鉄の便利の良さを参考に特にこれから工事に入る天神南~キャナルシティ~博多間を特にいいものにして欲しい。なんといっても早くて正確なのが地下鉄の良いところだからだ。



  


Posted by sansanhiroba at 11:43Comments(0)日記メンバーコラム

防災対策 NO7 火災が発生する前に

2015年02月17日

建物の出火を防止する事に外壁、床、屋根などが火に強い材料で、防止対策を、住宅内では火気に近い場所に可燃物を置かないことです。

居住者の日常の生活中で、家族の注意が最も大きく影響いたします。

早く火災を察知して、迅速に避難を開始するために重要な「感知警報装置の設置」の設置が各部屋に(寝室)関係に取り付けが義務付けられています。

火や煙の廻りなどを押さえるための対策で(内装材を燃えにくい材料や天井を高くする事で)避難に要する時間を短くする対策を考えます。

火災の知識も勉強を屋内では、水周りやキッチン、電化製品や調理器具を使っているときに火事になる恐れも在りますから、知識を知っていると消火の役にたちます。

油ナベには、水をかけないようにして、火の上から毛布や大きなふたガスの元栓も締めます。

石油ストーブや電気製品の消火知識は濡れた毛布や服をかぶせ、その上から一気に水を掛けて消火、電気製品は感電の恐れがあるから、水を掛けずプラグを抜き消火します。

もしも衣類に、火がうつってしまった場合は、床や地面を転げ周って消火し叩いてそして、すぐに脱げるものは、脱いで足で火をもみ消すことで消えることもあります。

室内での消火は、カーテンやふすまなどは、出火して2分前後で立ち上がり面に燃え移ると言われていますから 天井に火が回る前に消火につとめましょう。

カーテンは引っ張ったり、ふすまはケリ倒して消火しましょう、 天井に燃え移ると消す事が出来なくなるから、早く避難し火災の連絡をしましょう。  


Posted by sansanhiroba at 10:52Comments(0)日記メンバーコラム

207.生涯2度目の飛行機

2015年02月17日

筆者が飛行機に乗ったのは2007年の暮れに東京に行った時に往復したときだけであった。それからこの間に新規参入した格安航空会社(いわゆるLCC)のピーチの値段につられてしまい、行くことになった。関西空港から福岡空港までもろもろの料金を含めても6100円だったことを考えると新幹線より得だった。但し飛ぶ飛行機の時間が合わず結局新幹線を使用したという感じである。

しかし福岡空港がこぢんまりとしているのか、関西空港はものすごく大きかった。最初関西空港駅に着いた時の緊張感は半端なかった。それと何というか階段でつないで下が吹き抜けになっている場所は足がすくんでしまう。

関西空港の中のビルの店は24時間営業の店ばかり。国際空港だからだろうか?バーガーキングに泊り込みなんて出来るのだろうか?

しかし案内で国内線の第一ターミナルに行ったときに「ピーチは第二ターミナルです」と言われたときは真っ青になった。間に合わなかったらどうしようかと。ローソンに行って水を調達し薬を飲み、空腹をなんとか5個入りパンで満たした。何とか間に合い搭乗手続きを済ませて急いでまずは金属探知機に。携帯と鍵のお陰で一度警報が鳴ってしまったが問題はなかった。以前はあのあたりの係りの人間に怖いイメージがあったが、今回は非常に穏やかな人であった。

そして搭乗ロビーに行くと「!、人が多い!」。もともと予約を入れていたときはガラガラだったのだがどうやら直前で一気に増えたようだ。そしていよいよ搭乗の準備が出来て飛行機の中へ。ステップを歩くのはなんか不思議な気分であった。みやげ物売り場のプレイボーイの山本彩(NMB48)の水着姿を見て癒される。あぁ不謹慎な40歳である。そして少し遅れて乗り込み、出発した。

もともとは筆者高い所は大の苦手だった。飛行機は怖くてというのもあった。しかしここで前に飛行機に乗る時にあることを思い出し心が楽になった。そうベルトをしている筆者たちはより安全に守られているわけでそれをせず機内を動き回るしっかりと訓練されたキャビンアテンダント(もうスチュワーデスなんていわないんだな)をしっかり見ていれば怖さは軽減されると。それを実践したため怖さは前回より無かった。

前回は高度12000mなんていう表示が出て冷や汗をかいたものであるが、今回はそれもなかった。しかし前回はほとんどなかった乱気流による揺れを体験した。やっぱり怖さはある。それだけを考えるとやっぱり飛行機は危ない乗り物なのかと思ってしまうが、飛行機は逐一説明をするため安心はする。こんな夜に乱気流があってもしっかりと運航できるパイロットというのはすごいものだと改めて感心した。

しかし身動きが取りづらいため身体が疲れきってしまったというのが正直な感想である。筆者は今になって足の付け根が疼いたりした上に頭に軽い違和感を覚えてしまった。それでも飛行機で好きな関西に安く行けるのであれば、かなり有効な手段ではある。旅そのものがかなりの試練になってしまったが、来年1月にリベンジ予定である。



  


Posted by sansanhiroba at 10:19Comments(0)日記メンバーコラム

206.旅とは失敗の連続なのか?

2015年02月17日

地下鉄のなんば駅から歩いて数分のB21(ヒロミたちのユニットではない)出口からすぐのビルの上層階に予約していたカプセルがあった。ここで一晩お世話になる。

カプセルについたのが18:00近く。チェックインを済ませて中に入るものの、フロントのすぐ近くがロッカーでどうもいろいろやるのに気恥ずかしい。貴重品ロッカーは何度も開け閉めするハメになるしどうもいけない。細々としたことがうまく機能しないのだ。そしてこのビルの2Fにサイゼリヤがあるため食事の心配もしなくていいと思った。しかしこれが間違いの元であった。サイゼリヤのメニューだとあまりにも軽すぎて食事にならないのである。そして運が悪いのかゆっくりと時間つぶしも兼ねていたのだが近くの席に高校生が10人。これがドリンクバー以外注文せずに何時間もバカ騒ぎなのである。最初は席を替えてもらったのだが、それでもデカい声が聞こえてくる。勘弁して欲しい。しかしなんとか腹を満たそうとしたのだが、失敗だった。難波なら外にも食う所はあったし、最悪マクドナルドでも良かった。いやカプセルの館内にもレストランはあった。ここでぜいたくしても良かったのかもしれない。ただしこのレストランと壁も隔てずにサウナの仮眠客がリクライニングで横になっているので何となく気がひけたのはある。

カプセルでは大浴場があるが、ぬるめでちょうど良かった。ただ長風呂できないため風呂に関しては・・・あまり感想はない。そしてカプセルに戻るとなぜか血が沸いてくるというか男の血が。しかし昼の疲れからか体調が優れなかった。そして寝ていると隣のカプセルから「おい!」と怒鳴り声がしたためすぐに部屋を変えてもらうというハメに。勘弁してくれよという感じで。

さらに朝になり幾分寝たあとだったが咳が出て体調が悪い。その中で6時過ぎに朝飯を食べるという失敗を犯してしまった。早すぎたのだ。しかしこれを引き起こしたのは前の夜にしっかり食べておかなかったことがいけなかったのである。それをしていれば8時ぐらいに食事を取って万全の状態で住之江に行けたのである。

住之江を終わって帰るとき、当初はJRに乗ることを予定していた。しかし1060円と高い上に、難波から出る南海電車の急行(920円)があったためそちらを選択した。indexそれなりに早く着いたが、なんばから貝塚市まで小学生の集団が乗っていて大騒ぎ。フラフラして駅について、案内にたずねるとピーチだけが国内線のターミナルではなく国際線のターミナルから出ると言われ大慌て。まずはローソンで水とパンを調達して大急ぎで国際線のターミナルである第二ターミナル行きのバスに乗った。そして金属探知機を経てようやく搭乗ロビーへ。このときにはすでに限界を超えていたかもしれない。そして生涯二度目の飛行機へ。一時間で福岡空港に到着してようやく帰路に。福岡の地下鉄は大阪の地下鉄に比べて落ち着いて乗れる。本当に疲れているんだなと思った。しかし血圧が高く脈拍も速かったため寝落ちすることも無く家にたどり着いた。家に帰ると普段家族とやりあっていても家が一番落ち着くという思いがある。  


Posted by sansanhiroba at 09:54Comments(0)日記メンバーコラム