Posted by at

働く障がい者の方 募集!!

2017年02月14日


Posted by sansanhiroba at 10:03Comments(0)スタッフコラム

恵方巻

2017年02月06日

さんさん広場のKです。

今日は、節分です。私が福岡にいた頃は、恵方巻はありませんでした。ここ数年、恵方巻が流行るようになりました。

学生時代に岡山にいた頃は、恵方巻がありました。最初は、何のことか分かりませんでした。

今年の恵方は、北北西です。恵方の方を向いて、しゃべらないで恵方巻を丸かじりしなければなりません。私は、正確にその年の恵方を向きたいので、百均で方位磁石を買いました

今日は、恵方巻を買って帰ろうと思っています。そしたら、おかずが少なくて済むので、ラッキーです。

福岡で買う恵方巻は、太巻です。岡山にいた頃は、中巻と呼ぶのかどうか分かりませんが、太巻と細巻きの中間くらいの太さでした。だから食べやすかったのですが、福岡は太巻なので食べるのが大変です。

最初は、お寿司屋さんの陰謀なのかと思っていましたが、どうも海苔屋さんの陰謀らしいです。

「正しい方角を向いて、しゃべらないで食べる」ことが大切です。

後は、豆まきがあります。最初に「福は内」と言って福を家の中に取り込みます。後片付けが大変なので、パック入りの豆を使う方が多いと思います。我が家は、豆まきはしません。子供もいないし、面倒くさいからです。

一度、成田の「新勝寺」の豆まきに行ったことがあります。お相撲さんと、その年のNHKの大河ドラマの出演者と、一般の年男・年女が豆をまきます。ニュースで放映されるくらい有名です。私が行った時は、雨が降っていて寒かったです。3回豆まきが行われます。  


Posted by sansanhiroba at 09:53Comments(0)日記メンバーコラム

神経痛

2017年02月06日

さんさん広場のKです。

長い間、お休みをいただいていました。なんと、10月の中旬から突然立てなくなり、整形外科に行ったら「神経痛」と言われました。そして、念のため整形外科の先生が「脳神経外科」と「日赤病院」を紹介してくださったので、診察に行きました。

「脳神経外科」では、「異常なし」と言われ、「日赤病院」では「ただの神経痛」と言われました。夫の負担軽減のために入院したかったのですが、「これくらいの神経痛では、入院は無理だ」と言われました。

それからは、私は寝たきりの生活になりました。神経痛は「安静」にしているしかなく、痛み止めの薬を飲むだけでした。3週間も寝たきりだったので、「床ずれ」ができました。

でも、自分でも感心するのですが、3週間もTVもない部屋で「ただ寝ていた」だけなのに、特別退屈だとは思わなかったことです。一人では起きられないので、布団の上に正座をして、それを夫が抱きかかえるようにして立たせてくれるのです。

そして、夫に病院に連れて行ってもらう時は、手を引っ張って行って、助手席に押し込んでくれます。でも、引っ張られて歩くのは、すごく痛いのです。どこでもかしこでも「痛い!痛い!」と叫んでいました。今、考えてみると子供のように叫んでいたので、「恥ずかしかった」と反省しています。でも、痛くてたまらなかったのです。

夫は、大変でした。買い物をして、私に食事をさせてくれ、かかとを「低温やけど」していたので、その傷の手当をしてくれました。そして、洗濯も。仕事が忙しい時だったので、大変でした。本当に感謝をしています。

寝たきりから、柱を持って自分で立てるようになったら、家の中なら伝い歩きをして、トイレにも行くこともできるようになりました。それからは、めきめきとよくなり、年末には誰かに手を引いてもらえば、外も歩けるようになりました。そして、やっと職場復帰ができました。本当にうれしいです。

ただ、左足のかかとの付近を低温やけどしているので、サンダルを履いて歩いているので、疲れます。たぶん原因は、電気式毛布だと思います。それに2か月くらいほとんど歩いていないので、脚の筋肉が弱っています。ちょっと歩いただけでも、疲れます。いつもなら、歩くところを地下鉄に乗っています。そして、階段は使わないようにしています。

低温やけどは、2か月半も経つのにまだまだ良くならないし、疼きます。痛み止めは飲みたくないので、じっと耐えています。  


Posted by sansanhiroba at 09:48Comments(0)日記メンバーコラム